陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。【屁理屈流通センター】

オススメ度★★★★☆

 

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。 作品紹介

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_0
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_0

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_1
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_1

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_2
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_2

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_3
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_3

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_4
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_4

陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_5
陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。_5

■内容
変な後輩との一週間を体験するコメディータッチのシミュレーション。
会話はフルボイス(ヒロインのみ)。
エロシーンはすべてヌルヌルとアニメーションします。
CV:氷上のあ

※マウス操作必須です■ストーリー
僕こと多野崎(たのさき)は文芸部の部長。ひっそりと目立たずに生きる陰キャ。
そして文芸部のただ一人の部員が……1年後輩の村加部鞠奈(むらかべ まりな)だ。

村加部は文学少女といえば聞こえはいいが、本以外に何の興味も示さず、僕ともろくにコミュニケーションを取ろうとしない。

そんな村加部が、ある日突然話しかけてきた。
「私とセックスをしませんか?」
当然慌てる僕。
村加部は、文学作品に繰り返し登場するセックスというものに興味津々で、自分でも体験してみたいらしい。
村加部に押し切られるままに、僕と村加部は部室で初めてのセックスに臨む。

事後。放心する僕に対し、まだセックスへの理解が足りないという村加部。
「文芸部・春のセックス強化週間」と銘打ち、1週間のあいだ性行為を毎日続けようと提案してくる。

僕は、これまで特に意識してこなかった村加部に恋愛感情のようなものを抱き始める。
モテない人間の常で、接点のできた異性をすぐに好きになってしまうのだ。

ところが、村加部の性癖は少し変わっていた。
セックス中に日常会話をむりやり織り交ぜたり、県庁所在地クイズを始めたり、カフェのテーブルの下でフェラを始めたり……
彼女によれば、日常とエロが混在すればするほど興奮するらしい。

そんな異様なセックスに翻弄されながらも、強化週間の最終日である日曜が来てしまう。
今日こそは村加部に想いを伝えようと奮起する僕だが、果たして……■セックスはすべてミニゲーム形式
村加部に与えた悦楽度に応じてスコアが上下し、その後の会話内容に影響します。

・月曜日/射精チャレンジ
 タイミングよく「突く」ボタンをクリックし、時間内に射精しよう!

・火曜日/イカせチャレンジ
 「突く」タイミングを合わせて村加部をイカせるのが目的。
 しかしタイミングがずれると「中折れ」してしまうよ!

・水曜日/会話チャレンジ
 セックスの最中になぜか日常会話が挟まる……
 質問の返答によっては村加部の悦楽度が増減するぞ!

・木曜日/都道府県チャレンジ
 セックスの最中になぜか県庁所在地クイズが……!
 正解なら悦楽度がプラス、不正解ならマイナスになるよ!

・金曜日/潮吹きチャレンジ
 村加部に潮を吹かせるのが目的。
 手で触って湿り気を上げないと、悦楽度が下がってしまうぞ!

・土曜日/その1 フェラチャレンジ
 公共の場所でこっそりフェラしてもらえるよ。
 悦楽度が上がり過ぎると声が出てしまい、周囲に見つかっちゃうよ!

・土曜日/その2 漫喫チャレンジ
 漫画喫茶の個室で騎乗位!
 挿入の主導権は村加部が握っているから、呼吸を合わせて気持ち良くなろう!

・日曜日/??????

タイトル 陰キャ同士が部室でセックスするだけのゲーム。
サークル名 屁理屈流通センター
サークル設定価格 1430円
ファイル容量 162.45MB