ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話【B級サイト】

オススメ度★★★☆☆

 

敦子は風俗活動中に相性の良かった男と中だしセックスを行い

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話 作品紹介

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_0
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_0

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_1
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_1

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_2
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_2

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_3
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_3

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_4
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_4

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_5
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_5

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_6
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_6

ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_7
ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話_7

あらすじ
とある〇稚園が舞台のオムニバス系淫乱人妻不貞日記 第4弾。

過去作で出てきた3人の人妻「栗山リサ」「宇代敦子」「森山香」の後日談。
3人の人妻達が、「金井正蔵」の計画する「人妻風俗プロジェクト」に参加し、
様々な男達とのセックスをし、次第に深みにハマっていくまでのお話。

「栗山リサ」は、
〇稚園の用務員「小北」によって、夫では感じられなかった女の喜びを知ってから、
その後も小北の言いなりとなり、関係を続けていた。
小北は、自身が抱くだけでなく、リサを他の男に抱かせ、マネーを得ていた。
元々、エリートでありながら、反面、露出癖などがあるリサは
他の男に野外で抱かれ続け、次第にその体は、小北以外でも悦楽を覚え始める。

「宇代敦子」は、
夫が海外に赴任中、その体の渇きを満たすために始めたアダルトライブ配信で、
「遠藤益男」と知り合い、〇稚園の「人妻風俗プロジェクト」に参加する事となる。
夫は海外赴任から帰国し、敦子は妊活を始めたが、彼女の熟れた体はそれで満足する事はなかった。
そして、敦子は風俗活動にのめり込むと、夫との妊活の裏で
風俗活動中に相性の良かった男と中だしセックスを行い、子種を求め始めていた。

「森山香」は、
夫が事業失敗で作った借金を立て替えてもらうため、
勤め先である近藤〇稚園のオーナー「金井正蔵」に助けを求めた。
香は借金の返済の担保に、自分の体を差し、毎晩のように金井に抱かれていた。
さらに、金井の推し進める「人妻風俗プロジェクト」に参加し
セックス講師として、その風俗に関わり始める。
元々セックスにも淡白な香だったが、セックスの日々にその体は次第に覚醒するのだった…キャラクター紹介
栗山家 夫婦

万年窓際社員「健太」は、元エリートキャリアウーマンであった「リサ」に、いまだに頭が上がらない。
リサは、〇稚園の用務員「小北」と不倫をしており、小北によって女としての快楽を覚えさせられた。宇代家 夫婦

元グラドル「敦子」と海外赴任から帰ってきた「卓也」は、歳の差夫婦であった。帰国した卓也と妊活を始めた敦子だったが、敦子の熟れた体は、年によって衰えた卓也のモノでは満足できず、近藤益男によって進められた風俗にハマっていくのだった…森山家 夫婦

事業を失敗し多額の借金を作ってしまった「小太郎」のため、香は〇稚園のオーナー「金井正蔵」に助けを求めた。その見返りに、香は体を提供し、金井の計画する「風俗プロジェクト」のために、男達とセックスをするのであった。キャラクター相関図
表向きは、街で評判の「近藤〇稚園」
しかし、裏では園児の母親の弱みを握ると
経営する風俗のキャストにするのだった。■注意事項
本作品にはスカトロ、飲尿などの表現や
竿役が汚いオヤジや老人などの表現が含まれます。
また、基本的にはネトラレを題材にしているため
それらに不悦楽を感じる方や、耐性の無い方はご購入をお控えください。■作者
bkyu(Twitter:@Bkyusite)作品詳細
ページ数    本編116ページ 初期プロット15ページ
解像度     2839×4000 
ファイル形式  jpg,pdf

タイトル ゲスママ不貞日記4人妻達のその後の話
サークル名 B級サイト
サークル設定価格 1100円
ファイル容量 1.35GB