姉がデリヘルデビューした日【くすりゆび】

オススメ度★★★★☆

姉がデリヘルデビューした日
姉がデリヘルデビューした日

 

いつものように一服もって寝てる所悪いが

姉がデリヘルデビューした日 作品紹介

姉がデリヘルデビューした日_0
姉がデリヘルデビューした日_0

姉がデリヘルデビューした日_1
姉がデリヘルデビューした日_1

姉がデリヘルデビューした日_2
姉がデリヘルデビューした日_2

姉がデリヘルデビューした日_3
姉がデリヘルデビューした日_3

昔からエロ乳姉にムラムラしていた主人公。
寝てる部屋にしのび込んでは、乳尻肉穴を眺めていた。

見るだけで満足出来なくなってからは睡眠薬を使用。
乳ではさんだり、吸って味わったりの常習犯。

そんなおり、千里(ちさと)がバイトを始める事を知る。
まさかの…デリヘル。
======
性欲強めだとは思ってたが…処女だよな?
(日頃から姉の携帯監視や盗聴盗撮で情報収集済)
H経験ないのにそんなバイトしようと?

…明日の出勤までに俺が何とかしないとならない。
過ごした時間的に、最初に姉とハメまくるのは当然俺でないとならない。
その夜。
いつものように一服もって寝てる彼女にパイズリ。
「寝てる所悪いが、今日こそはセックスしてやる」

翌日、姉はデリヘルデビューを果たした。

「あっ…んっ弟相手に、こんな時の顔見られたくないっ…変な空気になっちゃう…」
「ハァハァ…いっぱい中出しするし…好きなんて言えるわけないじゃん
…けど、あんた専用デリヘルでいいよもう…」

===========================
【収録内容】
・本編 86ページ
・アニメーションおまけ付き(音声有り)

・絵:黒結(X:@linlinlindo_)
・シナリオ:くすりゆび

タイトル 姉がデリヘルデビューした日
サークル名 くすりゆび
サークル設定価格 550円
ファイル容量 975.13MB