学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】【幸福少女】

オススメ度★★★☆☆

 

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】 作品紹介

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_0
学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_0

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_1
学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_1

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_2
学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_2

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_3
学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_3

学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_4
学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】_4

学園の王子様な子供の頃から仲良しとのイチャラブH作品です。

イケメン王子様な子供の頃から仲良しが、どんどんラブラブ&エロエロになっていく日常や濃厚Hを、明日葉よもぎ様のボイスで楽しむことができます。ヒロイン紹介
作品紹介
トラックリスト
■1.君には王子と呼ばれたくないな(2:54)

学園の女から「王子様」と呼ばれている真琴。

そんな真琴とあなたは、子供の頃から仲良しの関係。

今日も学園の女たちにイケメンっぷりを発揮している真琴に、あなたは若干呆れながらも、楽しい学園生活を送るのでした。

「あぁ、おはよう…おっと、ちょっと待って。…うん、これでよし。襟が立ってたから」

「君に『王子』だなんて言われると、なんだかこそばゆい。小さい頃からの付き合いなんだから、いつも通り真琴って呼んでもらえるかな?」

「ちょっと自意識過剰みたいになってしまうけど、モテている自覚はあるよ。ありがたいことにね」

「告白も結構されている。ただし、女限定でね。男性からは一度もないよ。女としてどうなんだ、って感じだけどね。ふふふっ」

■2.私にとっての王子様は君一人だけだよ(5:29)

いつもは元気いっぱいな少年のよう女の真琴の元気がないことに気づいたあなた。

クラスの男性から告白されたことを告げられます。

真琴のことが好きだったあなたは、動揺するも、

「断るに決まっているだろう。だって、私がずっと好きなのは君一人だからね。私にとっての王子様は君一人だけだ。私と、結婚を前提に恋人になってくれ」

とイケメン告白をされるのでした。

「…実は、クラスの男性に告白されてね。前にも言った通り、女からの告白は日常茶飯事なんだけど、男性からの告白は初めてで…」

「断るに決まっているだろう。だって、私がずっと好きなのは君一人だからね」

「……ふふっ、そうか。両想いだったのか。それはなんていうか…随分遠回りをしたものだな」

「ちゅっ…。…何を驚いてるんだい? 恋人というのは、普通キスをするものだろう?」

(キス)

■3.大好きだから君とセックスがしたいんだ(28:10)

学園の王子様の真琴と恋人同士になったものの、あまり関係性が変わらないふたり。

今日もあなたは、掃除が苦手な幼馴染みのために、部屋の掃除に来ていました。

掃除をしていると、「君はセックスに興味はないのか?」と突然言われたあなた。

Hなことに積極的な真琴と、あなたは初めて同士のセックスをおこなうのでした。

「悪いね、休みの日にわざわざ来てもらって。えー、嫌だよ、掃除なんて面倒くさいだけじゃないか」

「前々から聞きたいと思っていたことがあったんだ。なぁ、君はセックスに興味はないのか?ちょ、噴き出すなよ汚いな」

「~~っ…格好いい、とはよく言われるが…。可愛いって言葉は…言われ慣れていなんだ…それを、彼氏である君から言われたら、そりゃ…。流石の私も、照れるさ…」

「はぁっ、んふ、んんうううぅっ…!こ、これがっ…セックスか…。女バスの友達が…みんな、しているのも…頷けるなっ…んっ、んうううぅっ…!」

(キス/胸揉み/正常位/処女喪失/ゴム中出し)

■4.耳舐め手コキで勉強の邪魔をするぞ(28:00)

次のテストに控え、図書室で勉強をしているあなた。

必死に参考書と向き合うあなたに、真琴は退屈そうな様子。

構って欲しい真琴は、耳舐め手コキで、あなたの勉強の邪魔をしてくるのでした。

「ねぇ。退屈だよ。愛しの彼女がこんなに暇を持て余しているんだ。どうにかしてやろうっていう気は君にはないのかい?」

「私、また君とHしたいな。……むうっ。そんな即答で断らなくてもいいじゃないか、ちょっとショックだぞ…。むうぅ~~っ…構えよ構えよ構えよ~、可愛い彼女からのお願いだぞ~」

「こら、大きな声を出しちゃダメだよ。図書室ではお静かに…しーっ。ん、ぴちゅ…ちゅぷ、ちゅるるっ、ちゅる、くちゅ…ちゅぷちゅぷ、ちゅるっ…」

「耳と乳首だけをいじめられて…なぁ、そろそろ限界なんじゃないのかい?太腿ももじもじとさせているし…。なぁ、イカせてほしいかい? イカせてほしいんだろう?」

(耳舐め/乳首責め/手コキ/射精)

■5.汗だく騎乗位で初めての中出しをしてくれ(23:28)

体育倉庫の掃除をしているふたり。

掃除をして汗をかくと、あなたのその匂いに、真琴は発情してしまいます。

お互い汗だくになりながら、ラブラブな中出し騎乗位セックスをおこなうのでした。

「おお、さすがだな。見違えるほどに綺麗になっている。やっぱり君は掃除が得意なんだな。結婚した後もその調子で頼むよ、彼氏クン」

「…えー、嫌だよ。代わりに、料理は私がやってあげるからさ。自炊したことなんて一度もないけど」

「んっ、んうっ…んっ、んんっ…。はぁっ…はぁっ…おっぱいで、君のおちんちん擦るたびに…。汗がいっぱい噴き出して…おちんちんもおっぱいも、ぬるぬるになってくる…」

「お互い、もっと激しく、おちんちんとおまんこを打ち付け合って…。んああぁっ、んうっ!んふっ、んうっ、んっ、くふうっ! あっ、あぁっ、気持ちいいっ、おちんちん気持ちいいよぉっ」

(パイズリ/アレ舐め/口内射精/騎乗位/中出し)

■6.王子様じゃなくても私を好きでいてほしい(20:02)

バスケ部の試合で敗退した真琴。

強がる真琴を慰めると、真琴は悔しさを吐き出し、「弱い私でも…君は、私のことを好きでい続けてくれるかな?」と問いかけてくるのでした。

「いやぁ、負けた負けた。バスケ部として最後の大会…できれば勝って全国に進みたかったけど…。まぁそう上手くはいかないよね」

「…君は…本当に、私のことをよく見ているんだな…。虚勢を張っていることはバレバレだったか…。ふふ。やっぱり、君相手に隠し事はできないな…さすが幼馴染で…私の彼氏…王子様だ…」

「…いいのかい? 弱いところを…君の前で、もっと、見せても。弱い私でも…君は、私のことを好きでい続けてくれるかな?」

「これからも…沢山、言って欲しい。私のことが、好きだって。愛してるって…。私もそれと同じくらい…ううん、その倍以上…愛してるって伝えるから…」

(キス/後背位/中出し)

■7.私の王子様は君なんだぞ(14:36)

「ごめんね、みんな。悪いけど、私は彼のモノだから。彼が私にとっての王子様というわけだ」

「でも、君たちのことはずっと忘れないよ。ありがとう。ちゅっ。…さて、別れの投げキスも終わったことだし、行こうか。私の王子様」

(キス/対面座位/中出し)購入者特典・スタッフ・音素材・ファイル形式
★スタッフ★

・企画:幸福少女(https://twitter.com/koufukusyoujyo)

・Ci-en(https://ci-en.dlsite.com/creator/3328)

・シナリオ:黒羽リズ(https://twitter.com/rizu_EXS)

・声優:明日葉よもぎ(https://twitter.com/ashitaba_yomogi)

・絵師:四ノ宮よん(https://twitter.com/nyonmyon)

・ロゴ:ふじまと(https://twitter.com/fujimato_illust)

★音素材★

・On-Jin~音人~様

・無料効果音で遊ぼう!様

・色んな効果音集100(ディーブルスト様)

・キミと過ごす1日のオト~ASMR生活音集~(AtelierHoney*様)

・タイガーリリー様

★ファイル形式★

【MP3】

・効果音あり

・効果音なし

【WAV】

・効果音あり

・効果音なし

タイトル 学園の王子様な幼なじみと甘々えっち-私の王子様は君なんだぞ【バイノーラル】
サークル名 幸福少女
サークル設定価格 1540円
ファイル容量 総計4.81GB