GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話【特進くらす】

オススメ度★★★☆☆

 

GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話 作品紹介

GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_0
GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_0

GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_1
GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_1

GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_2
GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_2

GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_3
GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話_3

?あらすじ?
あなたは地元から上京して都内の大学に通う大学1年生。

GWに入って地元に帰省したあなたはマッチングアプリを使って1人の女性と会う約束を取り付けることに成功しました。

女性のアカウント名は“りーちゃん”。

待ち合わせ場所に現れたのは部活終わりの制服姿の女高生。

更に向こうはあなたの事を知っている様子。

実はマッチングアプリでやりとりをしていたのは高校時代の部活の後輩、“神崎りほ”でした。

りほは今の彼氏に何やら不満がある様で…!?

先輩、ウチとHしましょ?

先輩だってもともとそのつもりでやりとりしてたっすよね??キャラクター紹介?
名前:神崎 りほ(かんざき りほ) 年齢:18歳

身長:155cm 体重:48kg スリーサイズ:B96/W58/スケベ98(Iカップ)

=======================================================================================

あなたの高校時代の部活の後輩。

元気はつらつな性格。

性欲強めでHに興味津々。

思いきりイカされてみたい願望有り。?作品内容?
#1 マッチングアプリで出会ったJK【3:19】

(プロローグ)

『あの、そこのおにーさんちょっといいですか?』

『あ、やっぱりそーだ』

『なんかめっちゃ似てる人いるな~って思ってたんすよ』

『お久方ぶりっすね先輩っ』

『ウチのことちゃんと覚えてますか?』

『あっはははっ、流石に忘れてるわけないか』

『まぁ、あれだけ遊びまくってたら忘れたくても無理な話っすもんね~』

『それにしても嬉しいなぁ~』

『まさか先輩に会えるなんて思わなかったっすよ』

『え、こんなところで何してるのかって?』

『あぁ、ウチは部活終わりでこれからちょっと用事があって』

『先輩は?……待ち合わせ?』

『ほぉ~、もしかして先輩にも春が来たってわけですか~?』

#2 密室で後輩JKりほとキス&手コキ【11:19】

(キス、手コキ、射精)

『久方ぶりじゃないっすか?こんな風に2人で遊ぶの』

『先輩が卒業するまでは割と遊んでましたけど』

『最近は連絡すらとってなかったすもんね~』

『ウチ、いま普通にテンション上がっちゃってるっすよ』

『ん?なんでウチがマッチングアプリなんかしてるのか……っすか?』

『ん~、理由はいろいろあるんすけど……』

『ちょっと言いづらいというか……』

『あぁ~、わかった。わかりましたから』

『正直に話しますって』

『ただ、絶対誰にも言わないでくださいよ?』

『相手が先輩だから話すんですから』

『えっと……実はウチ彼氏がいるんすよ』

『先輩が卒業したあとくらいから付き合い始めて』

『性格もいいし、いっぱい愛してくれるいい人なんすけど』

『とにかくHが下手で……』

『なんというか、ウチを使ってオナニーされてるみたいで何も気持ちよくないんすよ』

『それがずっと不満でイライラしちゃって……』

#3 後輩JKりほをイかせるおっぱい舐め&クンニ【9:26】

(胸揉み、おっぱい舐め、クンニ、潮吹き)

『先輩、攻守交代っす』

『今度は先輩がウチのこと気持ちよくする番っすよ』

『……うん、そういうこと』

『ウチの身体、好きに触っていいんすよ』

『おっぱいも、おまんこも今日は全部先輩のものっすから』

『わわっ……』

『んも~、先輩がっつきすぎ……』

『そんなにウチのおっぱい触りたかったんすね』

『んふふっ。夢中になって揉みしだいて……』

『先輩可愛いっす……』

『こんなにおっきいおっぱい、はじめてっすか?』

『男の子ってホントにおっぱい好きっすよね~』

『でーも……』

『ちゃんとウチのこと気持ちよくしなきゃダメっすよ?』

『先輩のテク、期待してますから……』

#4 後輩JKりほの御奉仕フェラ【11:34】

(性器咥え、寸止め)

『先輩、さっきよりもちんぽヤバくなってるっすね~』

『ウチの身体でそんなに興奮してくれたんすか?』

『んふふっ、ありがとうございます』

『なんか……普通に嬉しいっすね』

『こんなフル勃起ちんぽ見せられたら』

『今すぐにでも入れちゃいたいっすけど……』

『先輩、ウチのことめっちゃ気持ちよくしてくれたんで、まずはそのお礼から……』

『てなわけで~……』

『次は、ウチが先輩のちんぽを舐めてあげるっすね……』

『あはっ!ちんぽビクンってした』

『先輩、もしかして想像しちゃったんすか?』

『ウチのあったかいお口にちんぽ咥えられて』

『ねっとり、じゅぽじゅぽされちゃってるの……』

『んふふっ。先輩、Hなことになるとホントに可愛いっすね』

『思わずいっぱいご奉仕したくなっちゃいます』

『それじゃあ、ちんぽの前に失礼してっと……』

#5 後輩JKりほと密室でゴム付き挿入【10:09】

(ゴム付き挿入、バック挿入、射精、潮吹き)

『んふふっ……』

『先輩、ちゃんとコンドーム持ってきてたんすね』

『やっぱりセックスする気満々だったんじゃないすか』

『んじゃ、お口で着けてあげますからちょっと我慢してくださいね』

『ちんぽ限界だからってイっちゃダメっすよ~?』

『んっしょ……』

『こうして、コンドーム咥えて、先っぽに被せて……』

『ん~~~~っ……』

『ぷはっ……はい、お待たせしました』

『それじゃ、きてください……』

『ウチ、先輩のさっきからずっと』

『先輩のちんぽ欲しくてたまんなかったすから……』

『だから……お願いします……』

『あぁ……これ……ヤバすぎ……』

『こんなおっきいちんぽはじめてなのに……』

『おまんこトロトロだからすんなり入ってくる……』

#6 後輩JKりほと生ちんぽ浮気セックス【8:34】

(生挿入、中出し射精、潮吹き)

『先輩、なんでまたコンドーム着けようとしてるんすか……?』

『もういいっすよ、そんなものなしで』

『浮気女とかビッチとか言われても別に気にしないんで……』

『ウチ、先輩と生でセックスしたいっす』

『だって、先輩とのセックス……良すぎるんすもん……』

『ゴムありであんなに気持ちよかったら、生でしたくなるのは当然っすよ』

『だから、先輩……』

『ウチの身体、最高の生セックスで溺れさせてくれないっすか……?』

『えへへ……』

『はいっ、じゃあギューってしながら……きてください……』

『んっ……あぁ~……』

『生ちんぽ、ズブズブきたぁ……』

『さっきのと全然違って、これだけでイきそう……』

『はぁ、はぁ……いいっすよ……』

『先輩の欲望、全部ぶつけてください……』

『ウチが全部受け止めますから……』

『はぁ、はぁ……いきなり激しっ……!』

『おまんこイったばっかに本気ピストンっ……』

『感じすぎてっ、もうおまんこヤバいっす……』

【本編再生時間:54分21秒】

※この作品は一部AIを使用し作成しております?クレジット?
■声優:いぬです様

■シナリオ:ナヲキ102様

■イラスト:あやち様

18歳以下🚫 同棲百合サークル性癖おしまい部/同人声優/デザイン担 作品→ 依頼🐣 イイコエ➡ マロ➡ 他ご相談DM📧bunchoukawaiidesune☆

■音声編集:おろ。様

・ディーブルスト色んな効果音集100

・ディーブルスト色んな効果音集100パート2★★この作品を見た人にオススメ★★
幼馴染の陸上部マネージャーJKと行くイチャラブ遠征合宿

あなたは陸上部に所属する高校三年生。今、あなたの所属する陸上部は遠征合宿の最終日前夜を迎えています。厳しい練習を乗り越えて残すは明日の高校生活最後の大会を残すのみ。そんなあなたは宿泊先の旅館でのミーティング後にこっそり顧問と部員の目をかいくぐって皆には極秘で付き合っている幼なじみの陸上部マネージャー、“川瀬那奈”の待つ
タイトル GWに地元でマッチングアプリを使ったら後輩JKとセフレになれた話
サークル名 特進くらす
サークル設定価格 110円
ファイル容量 835.96MB